lgf01a201307011900

こんにちは。粂でございます。

今日は、ダイエットしたい皆様がよく勘違いしていらっしゃることについて、書いてみたいと思います。

それは、ダイエットと称して「太らない」ための行動と「痩せる」ための行動がごちゃませになってしまっていることです。

では、質問です。あなたは「太りたくないのでしょうか?」それとも「痩せたいのでしょうか?」

太りたくないというのは、今よりも体脂肪が増えなければよい、ということであり、痩せたいというのは今よりも体脂肪を減らしたいということです。

そのあたりを勘違いされている方が、非常に多くいらっしゃいます。

つまり、「痩せたいのに、太らないような行動に気を使いすぎて、痩せる行動に手が回っていない」という方が多いのです。

具体的に言いますと、太らないためには、食べなければいいのです。はっきり言いますが、食べなければ太りません。食べないで太ることはありえません。あったら、それは何らかの疾患が疑われますので、すぐに医療機関を受診することをオススメします。(水以外のものを飲むのは食べるのと同じですので、気を付けてくださいね)

では、痩せるためにはどうするのか?

食事を減らして、体脂肪が減ると思っている方は、まさかいないですよね?食事を減らしてできるのは、体脂肪を増やさないことです。減らすことはできません。食事を減らすことで体脂肪±ゼロはできますが、マイナスにはできません。

さぁ、どうでしょう?食事を減らせば体脂肪も減らせると甘い考えをしていた方、残念ですが、あなたは痩せることはできません。太らないことはできるかもしれません。そのためには、食べなければよいのですが、それを続けても体調を崩したり、言い訳をして元に戻るのが関の山です。下手をするとリバウンドといって、さらに太る身体になるだけです。

痩せるためには、それなりの積極的な行動が必要なのです。ここでは運動という意味ではありません。食事方法の中でも減らすといった消極的な方法ではなく、増やすといった積極的な行動が必要になるのです。すなわち

痩せるために必要な栄養素を摂る、体調を良くするために必要な栄養素を摂る、なおかつ、不必要な栄養素は摂らない

これがゲンキに、キレイに痩せるための行動なのです。「我慢できない」とか「やめられない」とか、そういうことではなく、必要な栄養バランスを取ることから始めることが重要です。

今日は、太らないことと痩せることの違いを書きたかったので、ここまでということにさせていただきます。

別の機会に「痩せるためにはどのようにしたらよいのか」に触れてみたいと思います。

 

美と健康の秘訣はカーボオフ からだにおいしいレストラン