lgf01a201307011900

こんにちは。粂でございます。

ダイエットを続けていると、停滞期に陥った経験がある方は多いと思います。それを抜けるコツについて書いてみたいと思います。

体脂肪が順調に減っていたのに、だんだんと減らなくなってくるということはダイエット経験者なら誰しもあるかと思います。

そんなときに、チェックしたい3つの項目がありますので、ご紹介します。

  1. 水分の摂取量が十分ではない
  2. 必要なビタミンやミネラルが足りていない
  3. 実は、思った以上に食事を食べている

いずれもダイエットを開始しているのに減らないという方にも当てはまるかもしれません。

まず、水分の摂取ですが、食事も飲用も含めて2ℓの水を1日に飲むことをためしてみてください。糖質をしっかりと抑えられていれば、むくみはあまりないはずです。これができていなかったり、少なくなっていたりすると、体内での代謝がうまく機能しません。もしかしたら、これまで減っていたのは、単純に水分が減っただけなのかもしれないのです。

2番目に、必要なビタミンやミネラルが足りていない場合です。特に、鉄分は重要です。ヘモグロビンという血中成分には鉄分が含まれていて、これは血流に乗って酸素を運搬する働きがあります。そして、筋肉でエネルギーをつくるのにも、ヘモグロビンが必要なのです。同じように必要なビタミンやミネラルが不足していると身体の機能が低下して、体脂肪の減少も見込めなくなります。

3番目ですが、食事をコントロールしているつもりでも、実は糖質を多く摂っていたりすることはあるかと思います。特に、ヘルシーと言われている食事でも、糖質が多く含まれているものは多く存在します。代表的なのは、「ヘルシーな主食」ですね。雑穀米、そば、グラノーラのような主食系でヘルシーをうたっているものは要注意です。たしかに、ビタミンやミネラルは含まれているかもしれませんが、それに加えて、炭水化物がたっぷりと含まれていることがしばしばあります。

これらは、思い当たる節があれば、比較的簡単に抜けることができます。しかしながら、身体というのは、そもそも一直線に体脂肪を減らすものではないと認識しておいたほうがよいです。なぜならば、「現代の食事は通常の活動量では食べ過ぎになる」のです。ですので、現代の食事に慣れてしまうとそんなに簡単にストレートに減量できるということのほうが珍しいと考えてもよいかと思います。通常は「停滞期があっても気にせずに続ける」というのが一番のコツかもしれません。

でも、本当に大事なのは、ダイエットを正しく始めることです。正しく始めることでストレスなくダイエットを進めることができるので、ダイエット成功への近道であると思います。

美と健康の秘訣はカーボオフ からだにおいしいレストラン