こんにちは。粂でございます。

年末年始に食べ過ぎてしまい、「正月太りしちゃったなぁ」という方は意外と多いのではないでしょうか。そんなときに無理なダイエットは禁物です。今はインフルエンザも流行っていますし、下手なダイエットをした上でインフルエンザに罹ったりすると、治りにくくなったりすることがあります。

正月太りをした方は、まず正月の過ごし方を思い出してみてください。「朝起きてからずっと暖かいコタツに入ってテレビを見ていた」とか「いつもは食べないご馳走を食べていた」とか、これまでと違った生活が思い出されるのではないでしょうか。多くの方は「あまり動かずに、暖かい場所にいて、普段は食べないものを食べていた」のではないかと思います。

だからといって、この一年で最も寒い時期に「運動を始めよう」とか「食事を減らそう」とかしても、ますます体調が悪くなるだけです。

必要なのは「きちんと栄養バランスを考えて食事をすること」だったり、「ウォーミングアップして身体を温めてから動かすこと」だったりします。人によって状況が違いますので、一概に何が大事だとは言えませんが、これらは共通して言えることです。特に、太った方は「お餅や甘いものといった炭水化物の食べ過ぎ」だったのかもしれません。大まかに言うと、成人に必要な炭水化物の量は「一日でご飯一杯」くらいです。ですから、3食ともご飯やパンを食べている方ははっきり言って食べ過ぎです。逆に、野菜やお肉・お魚といった食品は、毎食たっぷり食べるべきです。

こういった本当の栄養バランスに気を配り、実践することで、身体の不調も改善されてくることが実感できるかと思います。ぜひ、お試しください。

美と健康の秘訣はカーボオフ からだにおいしいレストラン