IMG_5757

おはようございます。粂でございます。

脂質については、今、いろいろと話題になっていますが、ややこしいですよね。分け方はいろいろとあるのですが、これを整理してみたいと思います。

まずは、飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸という分け方です。この3つに分けるのが定番です。

飽和脂肪酸というのは、化学的な定義はあるのですが、簡単にいうと常温で白っぽく固まっている油です。牛の脂身の部分や豚の脂であるラード、バターなどが不飽和脂肪酸の代表です。これらは科学的に安定しているので、炒め物や揚げ物の油として使われます。身体の中ではエネルギー源として利用され、利用されかった分は排泄されるとされています。この飽和脂肪酸の中でも特に、注目されているのが、中鎖脂肪酸という部類で、代表的なのが「ココナッツオイル」です。この中鎖脂肪酸は、肝臓から直接吸収されてケトン体という糖質ではないエネルギー源の原料となることから非常に注目をあびているのです。ちなみに、牛脂、ラード、バターなどは長鎖脂肪酸の割合が多いとされています。

一価不飽和脂肪酸はωー9系とも言われていますが、この代表が「オリーブオイル」です。血液をさらさらにすると言われているのが人気の秘密です。

多価不飽和脂肪酸はちょっと面倒です。ωー3系とωー6系があり、「ωー3系を積極的に摂り、ω-6系は控えめにする」というのが身体においしい摂り方です。ω-3系の多く含まれる食材の代表はαリノレン酸が多く含まれる「エゴマオイル」やEPA、DHAが多く含まれる「青魚(サバ、サンマ、イワシなど)」です。逆にω-6系が多く含まれるのは、リノール酸が多く含まれるごま油やひまわり油です。ごま油などは、かつては健康によいとされていましたが、今では摂り過ぎに注意すべき油だと言われてきています。ですから、いま、逆に、エゴマオイルやDHAといった脂が注目されているんですね。

一価不飽和脂肪酸は体内で合成できますが、多価不飽和脂肪酸は体内で合成できませんので、食事から摂らないといけない必須脂肪酸ということになります。

脂は身体にとって、必要なものですので、避けるのはよくありません。いろんな種類があるのでちょっとややこしいかもしれませんが、それぞれの働きや特徴を知って、バランスよく食事からとることが大事です。

ぜひ、正しい脂の摂り方を実践してみてはいかがでしょうか?

 

美と健康の秘訣はカーボオフ からだにおいしいレストラン