こんばんは。粂でございます。

昨年、妊娠中のお客様にも、しばしば当店をご利用いただいていましたので、妊娠と血糖値のことについて、少し書きたいと思います。

妊娠中は、ホルモンバランスが変わることは皆さん、ご存じだと思います。そのときに、血糖値を下げる「インスリン」の働きを抑えてしまうホルモン(プロゲステロン・プロラクチン・コルチゾールなど)の分泌も増えてきます。これによって、特に妊娠中期以降には、インスリンの働きが妨げられてしまいます。そうすると、血糖値が下がりにくくなり、いわゆる「妊娠糖尿病」と言われる状態になることがあります。

妊娠糖尿病は、妊娠とともに自然になるものであり、自覚症状はあまりないことが多いのですが、母体にも胎児にも悪影響があります。それは、通常の糖尿病と同じ合併症である「網膜症」や「腎症」だけでなく、胎児の「巨大児」や「先天奇形」などのリスクが高まるのです。

こういった妊娠糖尿病を避けるためにも、食事内容の糖質には十分に気を付ける必要があります。通常どおりに糖質を摂っていると、食後の血糖値が下がりにくいために、高血糖状態が続いたり、胎児にも高血糖状態になったり、栄養過多になったりします。

そういった健康管理にも役立つのが、カーボオフです。妊娠中でも血糖値を気にせずに安心してお食事をお召し上がりいただけます。当店では、栄養バランスを糖質ではなく、タンパク質や脂質でエネルギーを摂り、野菜のビタミンも摂れるように留意しています。また、合成保存料や着色料、人工的な油脂を使わず、生クリームやオリーブオイル、ココナッツオイルを使って調理しています

通常、お召し上がりいただけないパスタやパンも低糖質でご用意しておりますので、普段、我慢されている方もお楽しみいただけます。

 

美と健康の秘訣はカーボオフ 糖質オフのからだにおいしいレストラン「カーボオフ」