IMG_5583

おはようございます。粂でございます。

肝臓への負担を考えると、アルコールは控えめにすることがよいとされていますが、ダイエット中だからといって全く絶つことは困難ですね。糖質オフを続ける中では、度が過ぎないようにアルコールとも上手にお付き合いしていきたいものです。

日本酒やビールに糖質が多いことは明確ですし、糖質オフを謳っているビール系飲料も豊富になってきた今は、これらを選ぶのにさほど悩むことはありません。

むしろ、糖質制限中に悩ましいのはワインではないでしょうか? ワインには基本的に成分表示はされていませんので、表示で選ぶわけにはいきません。よく言われているのは「辛口ワインなら大丈夫」ということなのですが、それも表示されていたり、店員さんに聞くことができればいいのかもしれませんが、なんともあやふやな感じですよね。

一般的に、ワインの糖質量は100g中に、赤ワインで1.5g、白ワインで2.0g、ロゼワインで4.0gと言われていますが、これは正確ではありません。実は・・・

文部科学省が発行している「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によりますと、これらは100gあたりの「炭水化物」のことであり、糖質量ではありません。2015年版の日本食品標準成分表には「利用可能炭水化物(単糖当量)」という記載があります。これは、説明を引用しますと「でん粉、ぶどう糖、果糖、ガラクトース、しょ糖、麦芽糖、 乳糖、トレハロース等を利用可能炭水化物として直接分析又は推計し、これらを単糖換 算して合計した」のが「利用可能炭水化物(単糖当量)」ということです。なので、こちらの数値を参照したほうが、血糖値に影響を与える糖質量を確認するためには適切だと思われます。

そして、なんと!ワインには、この「利用可能炭水化物(単糖当量)」の数値が別に記載されているのです!

「利用可能炭水化物(単糖当量)」の100g中の数値は、赤ワイン0.2g、白ワイン1.1g、ロゼワイン2.5gです。

そして、ワインに詳しい方には常識かもしれませんが、ワインはブドウ酒とも言われ、ブドウ果汁が原材料ですが、ブドウ果汁にはブドウ糖と果糖がほぼ同量含まれています。そして、このブドウ果汁を発酵させてワインにする工程では、ブドウ糖が先に消費され、ほぼゼロに近いところまで発酵は進みます。ワインに残った糖質はほとんどが果糖だいうことです(あとで果汁をブレンドするタイプのワインもあるようなので、すべてとは言えないようですが…)。

従って、上記の赤ワイン0.2g、白ワイン1.1g。ロゼワイン2.5gというのも、ほぼ果糖ということになります。

そして、甘口、辛口という観点でいうと、甘口は発酵が進んでおらず、ブドウ糖、果糖が多く残った状態ということなので「甘口よりも辛口を」という話になるのです。ですけど、その基準もなかなかわかりにくいことには変わりありませんね。。。。

ということで、血糖値を上げないということで言えば、赤ワインは大丈夫、白ワインもまずまず、ロゼワインはウーンといった感じでしょうか。これを参考にワインも適度に楽しんでくださいね。

 

美と健康の秘訣はカーボオフ からだにおいしいレストラン