こんばんは。粂です。

今日はダイエットにおけるリスクマネジメントをお伝えしたいと思います。

ダイエットのリスクといっても危険なダイエットで病気になるということではなく「ダイエットが失敗するリスク」のことです。

つまり、ダイエットが失敗する要因をあらかじめ想定して対策しておくことで、失敗を防ごうという考え方です。私は前職でリスクマネジメントのお仕事もしていましたので、そういった考え方は素直に出て来ます。

では、具体的には、どのようなときにダイエットは失敗するのでしょう?

・・・そう!「ダイエットをやめてしまうこと」で失敗しますよね? では、ダイエットをやめるのはどのようなときでしょう?

・・・そう! 「我慢できなくて、暴飲暴食してしまったとき」ですね。

ということは、我慢しなくてもよければ、失敗する確率はかなり低くなります。

我慢しないで済むには、どうするか。・・・そう! 当店の糖質オフのお肉やパンやパスタを食べればよいのです。

以上。とっても簡単ですね。我慢できなそうだなぁ、と思ったら、当店で食事をしていただいて、なんなら糖質オフのスイーツまで食べていただければ満足して、また続けられると思います。

実は、そういった、糖質オフでダイエットを頑張っている方の駆け込み寺として使っていただきたくて、当店は存在していると言っても過言ではないのです。

・・・なんだ、お店の宣伝だったのか、と思われた方もいるかもしれませんが、これは大事な考え方です。

でも、食べたくなったときに物理的に当店でお召し上がりいただけない方もいらっしゃるかと思いますので「通常、具体的にどうしたらよいかをお伝えします」

ダイエットに成功した多くの方は「食べたくなったらどうするか」を考えていて、それに対する準備をしています。例えば私の場合、食べたくなったら「アーモンドかチーズ、ゆで卵のいずれかを食べる」という風にしていました。アーモンドの10粒くらいの小分けになったものを常備していたり、冷蔵庫に必ず6Pチーズとゆで卵が2個以上入っていたり、といったことでお腹が空いたときに、別の糖質の多いものを食べないようにしていました。そして、温かい飲み物を飲むこと。ダイエット茶じゃなくても、コーヒーでもお茶でもなんでもいいと思います。温かい飲み物には食欲を抑制する効果があるようです。

これは私の一例ですので、みなさんはご自分に合ったやり方をするとよいと思います。でも、糖質オフでは、アーモンド・チーズ・ゆで卵は代表的な食材ですので、参考になると思いますよ。いずれもコンビニでも100円前後で売っていますので、お手元に置いておくとよいと思います。あとは、なるべく刺激を遠ざける努力は必要かもしれません。空腹で買い物に行ったり、太りそうな食事やデザートのある場所にはあえて近づかないようにするのもいいような気がします。そういったことを続けることで、そのうちに本能を超えて、理性で「せっかくここまで頑張っているんだから、今更戻りたくない」という冷静な判断が出て来ると思います。

ダイエットも失敗の要因を排除すれば、成功します。これまでに失敗したことがある方は、なぜ失敗したのか、リバウンドしたのか、をきちんと見直してみるといいですよ!